自分探しと共に婚活は続く

自分探しと共に婚活は続く

意気揚々と婚活を始めた私ですが、のっけからつまずいてしまいました。
婚活合コンや婚活パーティの本質的な部分で。

 

もしかしたら、この方法は私に合っていないのかもしれない!
これだけは誤算だったかなと思っています。

 

しかし、こんなことだけでへこたれる私ではありません。
思ったことは成し遂げたい性質なので、他の方法を考えてみることにしました。
こうして私の婚活ジプシーが始まったのです。

 

とにかく自分の趣味に合った婚活イベントがあったら、積極的に参加するようにしてみました。
料金も比較的安いし合コンやパーティとは違い、
他の参加者にも心の余裕が出来て楽しめるものでした。

 

イベントで仲良くなれた女性とは、連絡先を交換してデートするようなことが何回か続きました。
でも、どういう訳か大体最初の1回きりでした。

 

半ば発狂しそうになりましたよ…。
恋愛経験自体はそれほど多くないですが、昔からの習性と言いますか、
女性との付き合いはそれほど苦手ではありませんでした。
それなのに、なぜかしっかりと恋愛に繋げられないんです。

 

私の欠点はどこなのだろう。
それまであまり考えたことがなかった、“自分探し”をしてみることになりました。
こうして、客観的に自分を見つめ直すことが出来たのです。

 

女性との距離感、会話の方法、デートの楽しみ方など。
カッコ悪いと思いながらも、デートの教則本みたいなものも読み漁りました。

 

今までは「そんなことは自分の経験値で考えろよ」なんて言っていたのに。
自分が一番何もわかっていなかったかもしれないと反省しました。
人間の心はマニュアル通りにはいかないとは思いますが、
書かれていることはタメになる事ばかりでした。
同時に、どうして恋愛に繋がらないのかも分かったのです。

 

私はこのまま婚活を続けていこうと決意しました。
イベントに参加して女性と仲良くなり、2人きりのデートまでは持ち込めるのです。
それならば、今度は次に繋がる努力をしなければならないと考えました。
私はその努力を怠っていたように思えたからです。

 

婚活を始めて半年が経ちましたが、
未だに結婚に繋がりそうな出会いには結び付いてはいません。

 

ただ、今まで1回きりだったものが数回デートに持ち込めることも可能になってきたので、
決して諦めてはいけないのだと言い聞かせています。

 

きっと、私自身と波長の合う女性がこの世には存在するはずだから。
根っからのポジティブ思考が、唯一の取り柄なのかもしれないと思う今日この頃です。

 

戻る