結婚はタイミング!

女性なら誰しも襲われる焦り。それが第一次結婚ラッシュです。
24歳から26歳にかけてその鬱陶しいラッシュがやってきます。
でも、私は全然焦りませんでした。

 

その当時は優先事項の第一位が仕事だったし、
理解してくれる彼氏もいたので、何も問題ないと思っていました。

 

そして時は経ち、29歳を迎える年がやってきました。
ここで、最後のあがきというのでしょうか?

 

第二次結婚ラッシュがやってきました。
ちょうど仕事が落ち着いた頃だったので、
私もこの波に乗っかっちゃってもいいかなと思っていました。

 

大学時代から付き合っていた彼氏とは、良好な関係だったので、
このままプロポーズされるとばかり思っていたのです。
そんな矢先に彼氏の海外転勤の話がやってきました。
これは間違いなくプロポーズをされると思っていた私に、彼氏は別れ話を振ってきたのです。

 

周りは第二次結婚ラッシュに乗って婚約したという話が途絶えないのに、
私に突き付けられたのは、長年の彼氏と別れるという現実でした。

 

かなりショックでしたよ。

 

会社の独身の先輩からは、
30代になったら彼氏を作りづらいなんて話を聞いてましたからね。

 

そのまま仕事に没頭すること早3年。
私は32歳になっており、彼氏のいない日々を過ごしていました。
そこで転機が訪れたのです。

 

3歳年下の後輩が、合コンに誘ってくれました。
彼女はどうしても20代のうちに結婚がしたいと意気込んでいて、
28歳の時から婚活を頑張っていたのです。

 

その手段は多岐に渡っていて、
彼女くらいの勢いがないと結婚なんか出来ないかもしれないなと、
ぼんやり他人事のように考えていました。

 

誘われた合コンに参加していたのは、20代後半から30代前半の男性のグループでした。
そこで知り合った2歳年下の男性が、私の旦那さんになる人だとは知る由もなく…。

 

実は、私の旦那さんは、所謂草食系男子でした。
自分の意見もまともに言えないような人で、周りに同調するのだけは上手いなと感じる人でした。

 

こういうタイプが苦手だったので、その日は眼中にもなかったのですが、
合コンから1ヶ月経った頃に偶然お気に入りのカフェで再会したのです。
そこから話が弾んで、いつの間にか付き合うようになっていました。

 

たまたま参加した合コンからたった半年で、私は彼の姓を名乗っていました。
自分でも不思議なくらい、色んなことがトントン拍子に進みました。
結婚って、本当にタイミングなんですね!